KSBB EasyPHP5+XMLの簡易BBS

設置方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください。中にはksbbe.php本体とreadme.txt、bbs_rssフォルダ内にrss.png,textarea_back.gifが入っています。
  2. ksbbe.phpを文字コードUTF-8が編集できるテキストエディタ(TeraPadなど)で開いて、設定を設置場所にあうように変更します。
  3. KSBB EasyをPHP実行権限のあるディレクトリにアスキーモードでアップロードして、適切なパーミッションを設定してください。
  4. KSBB Easyを設置したディレクトリにbbs_rssと言う名称でディレクトリを作りパーミッションを777(設定不可なら707)に設定して、その中にrss.pngとtextarea_back.gifを設置してください。
  5. 設置したURLにアクセスします。無事に表示されたかどうか確認したら、FTPソフトでbbs_rssディレクトリ内を見て、画像ファイル以外に4つのファイルができているかどうか確認してください。生成されていれば設置完了です。

インラインフレームで表示↓ご自由に書き込んでみてください。削除は出来ません。100くらいまでは早い処理だと思います。

設定項目

設定項目は全て定数として保存してあります。下記のテーブルを参考に変更してください。

定数
BBS_NAME 掲示板名称 KSBB Easy
BBS_URL 設置先URL(末尾はスラッシュまで) http://kitchenstudio.jp/script/ksbbe/
BBS_DESCRIPTION 掲示板概要(RSSで使用) 掲示板
BBS_MANAGER 掲示板管理者(RSSで使用) KitchenStudio Co.,Ltd.
BBS_RIGHTS 掲示板権利者(RSSで使用) KitchenStudio Co.,Ltd.
BBS_GENRE 掲示板ジャンル(記事データの保存時に使用) BBS
MANAGE_PASS 管理用削除パス 123456
PAGE_VIEW_NUM 1ページ表示数 5
MAX_DATA_NUM 最大記事保存数(RSS用) 100
MAX_BAK_NUM バックアップ最大記事数 300
MAX_DATA_SIZE 書き込み文字数(全角/半角関係なく) 300
POSTING_INTERVAL 同一IPユーザー投稿間隔(秒指定) 300
DATA_DIR データ保存ディレクトリ(通常はこのまま/スラッシュは入れない) bbs_rss
DATA_XML_FILE RSSデータ保持ファイル名(RSS配信時はこれを利用) KSBBE.xml
DATA_BAK_FILE バックアップファイル名 KSBBE.bak.dat
COUNT_FILE 記事総書き込み回数保存ファイル KSBBE.cnt.dat
LOCK_FILE ロック機構ファイル(通常はこのまま) KSBBE.lock
RSS_ICON RSSアイコンファイル名(パスは不要) rss.png

RSS、バックアップのファイル名に関しては特に変更してください。デフォルトですとバックアップをダウンロードされてしまう可能性もあります。利用者のIRアドレス・ユーザーエージェント(Ver2.0.0からトリップも保存)が保存されていますので危険です。投稿時に削除パスを設定していない場合は削除できません。また、管理パスを指定して管理項目を管理削除に設定するとどの記事でも削除できます。

拡張機能

記事削除

右下のフォームに削除No.と記事投稿時のパスワードを入れてボタンを押せば消せます。削除後はRSSとバックアップデータの更新が行われますが、RSS配信での更新時間と、書き込み総数のバックアップはリセットされません。

トリップ機能

名前#○○(○には任意の文字)を入れると、2ちゃんねるなどと同じようなトリップが利用できます。これを利用することで個人が特定できたり成りすまし防止になります。トリップ文字総数は10文字で、#以下の文字列を種として生成しますが、2ちゃんねると生成方法が違います。また、#より前の文字列を名前として認識しますので、#後の文字数は名前の文字数としてはカウントされません。表示は『名前◆トリップ』になります。また、◆を名前で使うと成りすますまし防止として◇に変換されます。

記事内容変更

Ver2.0.0から各記事の書込み内容を変更出来るようになりました。記事削除と同じように変更No.と記事投稿時のパスワードを入れてボタンを押せば変更画面になります。変更画面では名前・タイトル・本文・パスワードを変更できます。また、トリップを利用している場合にはトリップも変更できます。

個別記事表示機能

Ver2.0.0から各記事の個別表示が可能になりました。RSSの個別IDに利用しているURIから各個別記事が表示できます。

デザイン変更

KSBB本体に表示用のHTMLが入っています。100行目付近からのHTMLを変更すると全般的に変更できます。631行目付近のHTMLは記事変更用、694行目付近のHTMLは個別記事表示用です。適宜変更してください。ただしKSBB Easyへのリンクを消さないように(または見えなくする事のないように)お願いします。

掲示板以外の利用法

簡易情報配信として利用

PHP/CGIの設置できるサーバを利用中で、ブログを使っていない、または使っているが本サイトとは別に利用している方で、RSSを簡単に発信したい場合に、この掲示板を利用することが出来ます。ただし本人以外の書き込みも簡単に出来ますので、実行ファイル本体のファイル名を変更するなどの処理が必要になると思います。



copyright(c)KitchenStudio since 2007